B'zに惚れて!! Being系ミュージシャンに惚れて!! GIZAミュージシャンに惚れて!!

B'zを生んだBeing振興会。B'z以外にも90年代に多くのミリオンセラーミュージシャンを世の中に誕生させたことを書いていきたいと思います。

 

ZARD

ZARDの坂井泉水さんのレースクイーン時代とカラオケ・クイーン時代

       ZARD4.jpg


ZARDとして歌手デビューをする以前に、坂井泉水さんが鈴鹿のカップヌードルレーシングチームの


「レースクイーン」


をしていました。


岡本夏生さんと一緒のチームに所属していて、とても仲が良かったそうです。


その他には、日本エアシステム(JAS)のJAS CARGOという貨物便のキャンペーンガールに選ばれたりしていました。


同じ頃、本名の


「蒲池幸子名義」


のセクシービデオやランジェリー姿の


「セミヌード写真集」


なども発売され、ときには水着でグラビアに登場することもありました。


泉水さん自身はセクシーなお仕事はあくまでも


「アルバイト感覚」


でやっていたそうです。


泉水さんはその当時は一流の女優さんになるのが夢だったそうで、セクシーなお仕事も自分にとっては


「ステップアップの一環」


と気持ちを割り切ってがんばって努力をしていたのだろうと感じます。


その後、泉水さんは20歳の時、1年間


「89’東映カラオケ・クイーン」


として活躍していました。


この時の芸名も、本名の蒲池幸子で活動していました。


東映カラオケ・クイーンは、


「歌唱力」


「演技力」


「水着美」


を争って選ばれるコンテストでした。


泉水さんは、歌唱力は問題はないですし、ずば抜けた美貌。 演技力はわかりませんが、歌にも現われている素晴らしい表現力で選ばれたに違いありません。


2721人の中から選ばれました。


それから1年間がんばりました。 
スポンサーサイト



ZARDの坂井泉水さんが音楽に目覚めた理由は?

      ZARD3_201409250811307d8.jpg


学生時代の坂井泉水さんは、


「松田聖子さん」


「河合美奈子さん」


「ピンクレディーさん」


などのアイドル曲や、ヒット曲を好んで聴いたり、歌っていたようです。


ただ普通の音楽が好き、音楽のファンくらいでした。


和泉さんが、19歳の時、短大の友達に誘われて行った


「SADE(シャーディー)」


のコンサートで、坂井泉水さんの運命が大きく変わったようです。


「SADE」


というアーティストは、ジャズとソウルの要素を合わせ持ったアーティストで、ZARDと同じ女性メイン・ヴォーカルのバンドです。


泉水さんはこのコンサート(たぶん1986年5月の渋谷公会堂か中野サンプラザ)に衝撃を受けたようです。


「自分も歌いたい!!」


という強い思いは、このライブの日を境に強まっていったと思います。


SADE以外にも、


「クインシー・ジョーンズ」


「ブロンディー」


が大きな影響を与えたようです。


もちろん、それ以外のアーティストもたくさん音楽を聴きこんだに違いないと思います。


ZARDの曲が渋沢駅メロに決定!!ZARDホームぺージで使用楽曲アンケート募集

   zard3.jpg

以前、ZARDの楽曲が渋沢駅の駅メロに決定するということは記事にしました。


とても嬉しいことです!!


ZARDの音楽が今以上に多くの人に聞いてもらえるのですから最高です。


坂井泉水さんは、Beingからデビューしてからも、しばらくは秦野市から六本木にあるスタジオまで通っていました。


泉水さんにとって、秦野市、渋沢市はとても好きな街だったのでしょう。


生粋の


「神奈川県民」

ですね。


生前は、秦野市の手前駅近所付近に住まわれ、六本木のスタジオまで通われていたみたいです。


爆発的に売れてレコーディングスタジオ付近の高級タワーマンションや、高級マンションに住むことは簡単だったと思います。


高級料理や高級なお酒、何も惜しみなく手に入るほどのお金はあったと思います。


ですが、実際は


「真逆の生活」

を送っていたようです。


マンションも高級なマンションではなく、ごく一般的なマンションで生活していたようです。


高級ブランドや高級品には興味がなかったようです。


お酒もあまりお好きではないみたいで、少しだけ嗜む程度だったみたいです。


唯一の高級で泉水さんの楽しみは、レコーディング中にお腹がすいた時にたまに食べる


「焼肉弁当」

だったようです。


泉水さんは、自分に贅沢をするのではなく、自分の音楽を楽しみにしている人たちに


「最高の音楽を届けることが最高の贅沢」

だと思っていたようです。


その最高の音楽が渋沢駅の駅メロに。


アンケート期間:平成26年9月20日 正午~10月20日 23:59までです。


ZARDのホームページから投票できます。


ZARDホームページ 

















ZARDの音楽を是非駅のホームで流してもらいたい!!




数ヶ月前、ZARDの音楽が小田急線渋沢駅の


「駅メロ」

になるかもしれないというニュースを読んだこと覚えていました。


ZARDの坂井泉水さんは、神奈川県平塚市で生まれました。


小学校の4年生から秦野市に引っ越してきて、


「秦野市立西小学校」


「秦野市立西中学校」


「神奈川県立伊志田高等学校」


「松蔭女子短期大学(現松蔭大学)」


と、成人するまで秦野市で育ちました。


泉水さんが高校通学の際に利用していた渋沢駅の駅メロにZARDの楽曲をと、地元自治会や商店街、ファンらが11年ごろから活動してきました。

そしてこの度、「ZARD」の歌が12月下旬から、小田急線渋沢駅の


駅メロになる見通しとなりました!!

今後は市、小田急電鉄、音楽事務所が楽曲や駅メロに使う音源製作などについて協議していくようですが、楽曲は音楽事務所による


「アンケート」


で決めるという方針のようです。


「負けないで」


をはじめ、


「揺れる想い」





「息もできない」


など、名曲しかないと言っても過言ではない


「ZARD」


駅メロができて流れ始めたら、僕も駅に行って聞き、泉水さんの過ごした街を見てみたいと思います!!

ZARDはバンド?ソロ?

ZARD2.jpg

坂井泉水さんは、B・Bクイーンズのバックコーラス隊のオーディションにBeingにスターダストプロモーションから移籍してきました。


B・Bクイーンズのバックコーラス隊はその後、Mi-Keというグループになり活動しました。


泉水さんは、ZARDとして活動する目的ではなく、オーディションでBeingに来て、結局そのオーディションも落ちてしまいました。


しかし、名アーティスト発掘人の社長の長戸さんは、泉水さんの才能をちゃんと見ていました。


泉水さんはスターダスト時代に


「東映カラオケクイーン」


に選ばれて、当時はLD(レーザーディズク)がカラオケの主流でしたが、映像出演もしていますし、歌いながら全国をキャンペーンで巡っていました。


その画像はYuoTubeでアップされていたのですが、今は削除されてしまいないのですが、うますぎます!!


泉水さんが歌い始めると、周囲の人が、


「おお~~~っっ!!」


ていうくらいすごく上手です。


東映カラオケクイーンは、スターダストプロモーション時代からZARDがデビューした後も少し続いていました。


「ZARDはバンドなのか?」


「坂井泉水さんのソロのバンドっぽい名前なのか?」


そこのところがうやむやな状態になっていますが、正確には、


「ZARDデビュー初期はバンドです!!」


7thシングル


「君がいない」


までは、バンドメンバーの名前が記載されています。


1993年の8thシングル


「揺れる想い」


から、バンドではなく、泉水さん自身が


「ZARD」


として坂井泉水さんのソロ活動の始めた時期だと考えてよいと思います。


「揺れる想い」


がZARDとしての初めての


「ミリオンセラー」


なので、この曲からファンになった方も多いみたいです。


バンドかソロかという答えは、


「両方です!!」




プロフィール

Canaria3

Author:Canaria3
はじめまして。B'z大好き人間です!!初めて惚れた最高のリズペクトミュージシャンに憧れている1ファンです。B'z以外にもBeing系アーティスト、Being系ミュージシャンの音楽、GIZAのアーティスト、GIZAのミュージシャンの音楽が好きなので、BeingやGIZAスタジオミュージシャンのことを記事にしたいと思います。

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示